イソフラボン バストアップ

成長ホルモンを促してバストアップ、効果的にバストアップをする方法

皆さん成長ホルモンってご存知ですか?これは小さいときから大変お世話になってきたものですよね。というよりも、むしろ若い頃のほうがお世話になっているかもしれません。一番身近なものでいえば身長を伸ばす為に必要だったりして、背がここまで伸びたのはこれのお陰だったりします。でもこの成長ホルモン、実はバストアップにも大変重要なものだったんですが、ご存知ですか?

バストアップになんでまた成長ホルモンが必要なんだろうと思うかもしれないですが、ラクトゲン受容体というものがバストの中にあります。これは更に詳しく言うと乳腺の中にあるもので、これを膨らませることによりバストがふっくらすると考えていただければいいですね。そのため、ラクトゲン受容体を大きくすることこそがバストアップに繋がると言ってもいいでしょう。

そしてラクトゲン受容体には成長ホルモンがかかせないため、成長ホルモンが必須になるのですが、成長ホルモンって分泌されてもラクトゲン受容体がきちんと出来上がっているかいないかによっては受け取ることが出来なくなってしまうんです。それも重要なポイントなんですね。因みにこのラクトゲン受容体がバストの中に出来上がる時期は十歳くらいからで、十七歳までと言われていて、この時までに出来なければラクトゲン受容体のある乳腺が膨らまないんです。問題ですね、これ。

ですが女性で全くバストが無いと言う人はいません。ということは少なからず乳腺の中にラクトゲン受容体は皆存在するのでしょう。ということは、成長ホルモンさえ分泌されれば、バストがふっくらとするはず!ということで、成長ホルモンを促す方法について伝授させていただきます。

運動もいいけど、一番いいのはあんまり難しかったり厳しくなかったりするもので出来たらいいよね!ということですよね。なので成長ホルモンの分泌を促すのに一番いい時間に寝るということを推奨します。夜十時までに寝る。そして土日だけでもいいので、お腹減った!という時間を沢山作ってください。お腹減ったから食べて満腹を味わってしまうと、成長ホルモンは分泌されません。空腹時間に成長ホルモンは出て、更には休息時間である睡眠時に出てと、基本的に身体が活動をしていない時に出るものなのです。ですから身体を休ませることを積極的に行って見ましょう。するとあなたの身体に成長ホルモンがでますからね。

バストアップは一日にしてならず。休日チャレンジからまずは始めてみてはいかがですか?

うつ伏せはバストアップに影響を与える?そんな心配は必要なかった

小学生のころ、周りの子よりも早く二次性徴がきた私は、バストがむくむくと膨らんでいくのが怖くなって、ある日を境に「どうやったらこれ以上胸が育たなくなるのかな?」そんなことを考え始まった。こんな話しは良く聞きますよね?実際今この位の年の頃の子は勿論そうですが、女性ならば誰しも他の人との身体の差をこの時代、悩んだり恥ずかしく思ったりしたはず。

そんなバストが育ってほしくない!これ以上育つなよ!との思いから、こんなことを試してみたという人の話しを聞くことになりました。ズバリ、うつ伏せになって寝る。バストをこれ以上膨らませてなるものかという執念がそこからは窺えますが、実際にこれはどうなのでしょうか?バストを潰す様にうつ伏せで寝たからって、育たなくなるようなことってあるんでしょうか?

結論から申しますと、うつ伏せで寝ることによりバストが小さくなることはないということ。ただし、成長の阻害にはなりうる可能性もある、ということのようですから、矢張りうつ伏せで寝るのは良くないようです。ですがこういったうつ伏せ寝の癖を持つ方がバストが小さくなるのかなと怯える必要はありません。

バスト=つまり女性のおっぱいは脂肪90%で出来ているため、変形はする可能性を秘めているかもしれませんが、減ることはないのです。ウエストをギュッと絞るための補正下着をつけたからって、あなたの体型が本当に細くなるには運動などのダイエットが欠かせないのと同じです。

ですからうつ伏せで寝てしまっているから私はバストがないんだと悩む必要はありません。むしろそうして悩んで「どうせ私はバスト大きくならないんだよね」そう諦めてしまうことこそが問題なのです。

そうした諦めはバストの成長を促す成長ホルモンを抑制してしまうため、バストをこれ以上大きくしないように自分で自分を追い込んでしまっているんですね。ですからうつ伏せはバストに影響を与えません。はっきりとこれを頭の中に入れてみてください。そうすることによりあなたのうつ伏せ=バストが成長出来ない原因という考え方を崩すことにより、バストの成長を促しましょう。これをこうしているからバストが大きくなる!そう思うことによりバストは成長するのですから。

女性ホルモンでバストアップ!必要なのは毎日摂取するアレだった

女性ホルモンって一生の間にものすーっごくちょぴりしか体内に作られないって、知っていましたか?実を言うと女性ホルモンは、粉末で言うと小さじ一杯ぶんの量しか出来ないって言われているんです。ちょっと少ないですね。だからこそ加齢により分泌が全くなくなっていき、次第に女性ホルモンが枯渇、そしていつの間にか肌はかさかさ。爪の先までボロボロになっていくんでしょう。いやですね、枯れた女みたいに見えるのって。

じゃあ女性ホルモンを足せばいいと女性達は食べたり飲んだり肌につけたりして、どうにかこれを維持しようと努力するわけですが、実を言うと、とある地方に住まう人々は、いつまでも肌がぴちぴちしていて、更にはバストも豊かでいるそうです。知っていましたか?それが、たった一つの食材が引き起こしているという事実に。

実はそれは東北の方なのです。東北の人々は毎日の様に豆腐を食べるのですが、豆腐の中には女性ホルモンに類似したものが含まれており、これにより身体のホルモンバランスが常に正常になっているわけです。よって、肌は常にぷりぷりつやつや。バストもそれによってふわふわぷるんと豊かなわけですね。でも豆腐って、苦手な人多いですよね?どうすればいいのでしょうか?

簡単に食べれて、簡単に飲めて、そんな方法が知りたいと思った時、毎日摂取するあれによって私はバストアップに成功した、そんな話しを聞きました。なんと、毎日摂取する、豆乳きな粉がバストアップにぴったりのものだったんです。

作り方は簡単。まずきな粉三杯と、豆乳コップ一杯を混ぜます。そこにサトウキビで出来た砂糖を投入。適量混ぜてください。たったこれだけ。けれど五十代のマダムでさえ、これによって2カップもバストアップに成功したっていうのだから驚きでしょう?バストアップ、たったこれだけで出来ちゃうんですから是非お試しあれ。

プロテインと一緒に飲むサプリ、バストアップに本当に効果はあるの?

最近とあるバストアップサプリメントを購入したのですが、このサプリメント、なぜかこれ単体では効果がないみたいなんです。必要なのはこのサプリメントとプロテイン。果たしてプロテインまで飲んで効果があるのかないのか……どちらも購入しなければならないので、二重にお金がかかりますので、なるべくなら効果があって欲しいのですが、実際どうなのでしょうか?そのような質問が届きました。では、実際にどうなのでしょうか?

そもそもプロテインを飲んでバストアップというバストアップ体験記は知っていますが、サプリメントと併用してどうのこうのという話は初めて聞きました。因みにどうしてプロテインでバストアップ?とお思いかもしれませんが、これはきちんと理にかなったものなのでまずはこちらの詳しい説明からしていこうと思います。

バストの下に胸の筋肉がありますよね?ボディビルダーの人達が大きな分厚い胸板を備えている絵を思い描いていただいて結構です。豊かな柔らかそうなバストの下にはそうした筋肉があります。けれど、その筋肉はなかなか女性ではつけにくいですよね?元から女性は筋肉の繊維そのものが男性よりも細く糸の様に出来ています。ですから頑張って筋トレしても、なかなかつかないわけです。

それを助けるのがプロテインというわけですね。なぜ筋トレ?というのは愚もんですが、つまり、筋トレをして、バストの下の筋肉をつけることにより、バストをきちんと支える土台を作ると言うわけです。若いうちはこの筋肉がなくともバストは上を向いていますが、そのうち加齢とともに下がってくるのは筋肉がなくなっていくから。だからプロテインなどを飲みながらバストを支える筋肉をというわけです。

ではサプリメントはどうなのかと思いますが、バストアップサプリメントは基本的にきかないと思っていただいて結構です。むしろきくとうたっているのであれば怪しいです。サプリメントではなく、栄養素としてボロンが主成分のサプリメントを飲むのであればきくでしょう。もしもこのサプリメントがボロン主成分のものでないのであれば悪質なサプリメントですのでおやめください。

因みにボロンとは、キャベツの中に含まれる物質ですが、女性ホルモンを活性化させることにより、バストアップが望めるものになります。毎日キャベツ料理を食べるだけでもサプリメントの効果があるというわけですね。

美は一日にしてならずですよ。筋トレからスタートして、美しく上向きのバストからまずは手に入れてみては?

情報が溢れているけどどれが一番バストアップにいい方法なの?

バストアップっていまいち情報が溢れていて、何がきくのか分かりにくいですよね。ダイエット情報もそうだけれど、バストアップが一番ぐちゃぐちゃかもしれません。一体何が一番きくのでしょうか?今回はそこが知りたいと言うことで調べてみました。

ダイエットをすると一番まっさきに減ると言われるのがバスト。だからこそバストを減らしたくなくってみんなダイエット出来ないといいます。なら、食事療法でバストアップ出来る食材が一番ベストなのではないでしょうか?それならば運動してもバストは徐々に育っていくし、問題はありませんよね?

バストアップに効果的な食材は三つあります。一つ目はキャベツ。これはボロンというものが含まれているのですが、このボロン、女性ホルモンを活性化させることにより、あなたのバストに成長を促す作用があるのです。ということは、キャベツを食べればバストが大きくなり、更には整腸作用によってお腹ぺったんこ!スリムになってバストも大きくなるのですから素晴らしいボディラインがあなたのものになっちゃうのですね。

二つ目は鶏肉です。鶏肉はアスリートの人が好んで食べるくらい、美しい肉体を形成するための高タンパク質低カロリー低脂肪を実現した究極の食材なのです。これを食べてバストのボリュームをアップですよ。

三つ目は言わずもがな大豆です。納豆、豆腐、豆乳などの食材を毎日摂取することにより、女性ホルモンに似た物質を有するこれらの食材から、女性ホルモンを取り込むことが出来る。それにより全身が綺麗になっちゃうわけですね。素晴らしい。

この三つの食材は全て低カロリー、低脂肪を実現した食材なため、ダイエットはもとよりも、ボディラインをしゅっとさせてくれる素晴らしい食べ物ですから沢山食べても太りません。更にはバストアップが期待できる食材であるため、食べ過ぎても全然悪い気にならないのがいいですよ。

効果的なバストアップトレーニングを知りたい!毎日行う3つのこと

バストアップサプリメント、バストアップクリーム。そんなもの、まだ使っているんですか?全くこんなもの効きませんよ?辛うじて効くサプリメントといえば、ボロン主成分のものだけ。ボロンは女性ホルモン活性化成分というもので、これだってキャベツを食べれば摂取出来てしまうというもの。

では何がバストアップに本当にいいのかということですが、一番いいのはバストを支える土台作りをすることが一番効果があるでしょう。どんなにバストを育てたいと思っても、バストは所詮脂肪。土台の筋肉がなければただ垂れます。ですから筋トレをしましょう。おすすめの筋トレ法を今回は三つお教え致したいと思います。

まずは大胸筋を鍛えよう。胸周りのお肉を支える大胸筋。これをしっかりと作れば間違いなく美しいバストが手に入れられますよ。まずは両ヒザを床に着いてください。そして両手を肩幅よりやや広めに床につきましょう。ちなみにヒザの位置を腕から遠くするほどキツくなりますので、慣れてきたら遠くにおくといいでしょう。次に床に着いた手の指先はやや内側に向けてください。体は腰を曲げたりしないよう、真っ直ぐですよ。そして、ヒジを外側に開くようにして腕を曲げながら、体を床に近づけて行きましょう。これを床に近づけ、上に戻しをあとは繰り返していきましょう。10回から20回を2セットから毎日はじめて見ましょう。

次はリビングでゆったりと寛いでいるとき、テレビのコマーシャル時間中などに出来る筋トレです。まずはソファーから少し離れて立ってください。そのソファーの肘かけの部分に両手を着いてくださいね。体のラインを一直線に保つようにしてください。ヒジを外側に開くように腕を曲げながら、体をソファーに近づけて行きます。胸がソファーにつくまで体を近づけたら、体を真っ直ぐに保ったまま腕でソファーを押すようにして元の姿勢に戻ります。後はこれを10回から20回を2セットから始めてみましょう。

そして最後に、毎日夜の十時前までには寝る様に心がけましょう。バストの成長を促す成長ホルモンは、十時までに寝ることでもっとも活発に働きます。ですから、運動をしてバスト周辺をいじめたら、あとは早めにねてバストの成長を促すのです。簡単ですね。 

キャベツがバストアップに効果的!グラビアタレントが証言

グラビアタレントがバストアップに何となくだが成功してしまったんです。そんな記事からある食材が注目され始まったわけだが。この食材、以外なものだった。「キャベツ」である。実を言うとキャベツというのは巨乳育成成分が含まれる優秀食材だったのだ。

キャベツに含まれるバストアップに効く栄養素、それは「ボロン」という栄養素である。ボロンはホウ素の一種なのだが、女性ホルモンのエストロゲンを活性化させるものだと科学的に証明されているものなのだ。つまり、キャベツを摂取することにより、女性ホルモンを活性化させ、バストアップになるというわけ。

因みにこのキャベツでバストアップの有名なグラビアタレントさんは、毎日一個キャベツを食べたと言っていた。流石に毎日一個は厳しいかもしれないが、キャベツを食べることにより、食物繊維によってお腹はスッキリするだろうし、それによりウエストとバストの差がハッキリすることによってバストはより美しく大きく見えるだろう。そうした理由から見ても、キャベツを摂取することは大変有効であると言える。

ただ、先ほども述べた通り、矢張り毎日一個は厳しいものがある。では他の食材などを摂取しても大丈夫なように、別の食材には含まれていないのだろうか?キャベツには勿論含まれているこのボロン。海藻類である、ワカメ、めかぶ、ひじき、とろろ昆布。そして果実類であるリンゴ、ブドウ、梨、桃にも多く含まれている。よって、キャベツが摂取出来ない時、またはキャベツばかりで飽きたという日はこうした海藻や果実で補うのがいいだろう。デザートの果実。もしくは海藻サラダなんかでバストアップ出来たら嬉しいというもの。

因みにこのボロンだが、骨粗しょう症の予防にも効果があるといわれている。そのため、バストアップと共に、骨の減少をくいとめる働きも期待できるのである。

バストアップを確実にしたいなら、これを毎日飲むだけでいい!

十代でも二十代でもバストの悩みは尽きないだろう。それどころか五十代であってもバストが小さいと悩む人すらいるのだから、それはどの年代であれ共通の悩みなのかもしれない。ではそうした年齢を問わずバストを成長させるための、何かいい方法はないのだろうか?もういい年なんだから諦めなさいよなんて言われないですむような、そんな方法、実はあるんです。

バストアップに必要なものとして良く挙げられるのは女性ホルモン、そしてそれを活性化させるためのもの、あとは成長ホルモンなどだろう。今回は女性ホルモンということで、大豆製品に着目しようと思う。

大豆製品をよく食べる東北人だが、実はバストが豊かな女性が多いのは知っているだろうか?豆腐が大好き、そんな声を多く聞く東北だが、実際にこの大豆製品がバストアップに繋がるのは最近では知らない人が少ないはず。

だがしかし、豆腐や豆乳とは中々摂取しにくいイメージがあるのもまた事実。苦手意識があるのも確かに分からなくもない。豆乳はどうしても人を選ぶような味であるのは確かだし、豆腐が味が無いから嫌だと言う人がいるのもどうしようもないのだ。人の好みなのだからそこは仕方ない。ではこれをどのようにして摂取すればいいのだろうか?なんとか手軽に摂る方法を考えたいと思う。

実を言うと五十代の方がバストアップに成功した方法というのがこれである。豆乳にある日からきな粉とサトウキビ糖を入れて飲むようになったところ、これがてきめんにきいてバストが豊かになったという。そう、苦手な人の多いあの豆乳こそがバストアップに一番効果的だということなのだ。

五十代の女性が諦めろと再三言われていた中、バストが豊かに大変身してしまったのだから、これを使わない手はないのである。作り方は簡単だ。好みの味付けにするだけでいいのだが、豆乳は無調整豆乳だとちょっときついと思うため、調整豆乳で始めるのがいいだろう。無調整だと豆腐をそのまま液体にして飲んだような味で最初はちょっときついから。調整豆乳にきな粉を入れる。コップ一杯の豆乳に三杯から五杯程度入れるといい。そこにサトウキビ糖はお好みでどうぞ。臭さがなくなりマイルドで飲みやすくなると思う。騙されたと思ってどうだろうか?

ズボラさん必見の簡単楽ちん肩甲骨バストアップって知ってる?

肩甲骨って分かりますか?背中に羽のようになっている大きな骨のことを指します。これ、段々と日々の生活で歪んでいくんですが、知っていましたか?更に言うと、これが歪むことであなたのバスト、垂れさがっちゃってますよ。これ、危険です。猫背になっちゃっている、鎖骨から肩のラインがなんとなく丸く見える、これって完全に肩甲骨が歪んでます。これこそがバストを小さく見せる原因だったんですね。ではどうしたらいいのでしょうか?

実は肩甲骨をゆるめて開かせる、これによりバストがぐうんと上向きに上がっちゃうんです。素敵でしょう?まずは足を伸ばして座ってみましょう。上体は起こしたままですよ。次に右手を背中の真後ろにつけるように上体を捻りながら置いてみます。この時、右手の指は外側を向いていること。その状態のまま左手を上体の前を通って右側の床についてください。そして身体を捻って床に胸を沈めるようにしてみましょう。決して無理はしないように。すると、肩甲骨の間がぐうっと開いたように感じませんか?これを左右繰り返してみましょう。一日左右三回ずつです。

次に床に四つん這いになってみましょう。そうしたら今度は両腕を伸ばして後ろにぐ~っと下がっていきますが、この時、お尻を高く挙げた状態で保ってください。三十秒キープですよ。背中からバストがつり下がる様に上向きに変化します、頑張ってやってみましょうね。

この二つを行うことで二週間、みるみるうちにバストが育っていきますよ。是非試してみてください。

大きくならないと嘆いていた私、バストアップは納豆で簡単に出来る!

バストアップと聞いて、あなたは実際にやったことがありますか?むしろ、ないという方のほうが稀かもしれませんね。では、何をしてみたでしょうか?ストレッチ?筋トレ?でもそれって、ダイエットになっちゃってませんか?

気が付いたらバストが逆に萎んでいたの。形よくなったけどあれ?って思ったという人も良く聞きます。ではこれ、どのようにすればいいんでしょうか?間違っていないはずなのに減っちゃうバスト、そしてダイエット成功したのに納得がいきません。じゃあ、両立しましょうよってことですが、どのようにすればいいんでしょうか?

実は、大豆です。納豆がいいんですよ。大豆は女性ホルモン類似成分が入っているため、食べるだけでも身体が毎日ぴっかぴかに美しくなっていきます。そして、毎日の様に大豆製品を食べて生活をしている東北人女性は、素晴らしくバストが豊かなのは知っていますか?ですから、大豆はバストにものすっごく効くんです。

豆腐に豆乳だとちょっときつい、味がなんとなかう受け付けないと言う人もいるでしょうが、納豆だったらねばねばするだけでそんなに気にならないかもという人はいるでしょう。ですからおすすめは納豆です。毎日夜、納豆を食べてください。そして女性ホルモンを足してしまうんですね。更に早めに寝ると吉。何故かというと、夜十時までに寝ることで、成長ホルモンが動きだすのです。それにより、あなたのバストを成長させることに直結するわけ。

ということは、あなたが夜食べた納豆はそのまま成長ホルモンと一緒になってバストを作りにいくわけですよ。直ぐにこれなら成長してくれるはずでしょう。なお、大豆製品は低カロリーで高タンパクな食材です。ということは?ダイエットで食事制限をする時、これら食材を上手に入れながら生活していくだけで、バストアップが期待出来てしまいますよね。さあ、是非ともバストアップに役立ててみましょう。